読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

年末にぶっ倒れた

朝はいつもと同じような朝だった。iPhoneの目覚ましで意識が朦朧としたまま起床した。寝室から歩いて数歩の距離の浴室へ。暑いシャワーを浴びると段々と意識ははっきりしてくる。いつもと違うのは食欲がなかったこと。そして随分今日は寒いなあ~とぼんやりと考えていたこと。

いつもの時刻に自宅を出て、バスに乗り込んだ。12月の末の最後の月曜日ということもあり、車内はかなり混んでいた。数日前からの左奥歯の虫歯の痛みに耐えながらバスの混雑もしのいでいた。前日かなり無理矢理に歯医者の予約をいれて、治療をしてもらった。「たぶん数日は痛みは続きますよ」と先生に言われていたので覚悟をしていたが、やっぱり歯は痛かった。痛み止めのカロナールもほとんど効果がないような気がした。早く次の歯医者の予約の日が来て、しっかりと治療してもらいたいなあとこのときは考えていた。

それからバスと同じように混雑した電車に乗り込み1時間30分の通勤時間を終えて職場に着いた。職場に着くとなぜだか体の震えが止まらない。虫歯が進んで敗血症にでもなったか? いや、歯医者にもいっいるし歯髄炎になる前に敗血症になるはずはない。そんなことを考えていると今度は全身の筋肉痛と関節痛。そしてあり得ないぐらいの全身倦怠感。ふらふらだった。

カロナールアセトアミノフェン)を服用しているのにも関わらず、熱はどんどんと上昇していった。毎年予防接種を受けてはいるが。症状の急激な進み方と身体症状からインフルエンザだろうと診断した。すかさずリレンザを処方してもらい吸入。

自宅にも帰った。なにせ職場から自宅までのの距離が1時間半かかるので、その時間が大層辛かった。電車でほぼ頭を抱えながら時間をやり過ごした。勿論マスクをしているのであるけれど周囲の人に悪いなあ。年末に風邪をうつしたら申し訳ない。だからずっと下を向いていた。1時間ちょっとの時間を耐えた。

自宅にフラフラの状態で帰り、その後12時間以上の爆睡。これだけ寝させてくれる職場と家族に感謝だ。 これでだいぶ、仕事も滞ったけれど熱が出てぐっすり寝て、食事を抜いて(食べられなかっただけだ)だいぶ体調は回復した。