読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

Bromptonと出張の問題

最近は出張のたびにBromptonを出先のホテルまで宅急便で送るようにしている。手持ちでもってゆくよりずっと楽だし、料金も安い。たいていの場所であれば片道2000円以内で郵送することができる。往復だとちょっと料金的に割高かな?という気もしないではない。しかし、現地でいろいろな交通機関を使用することを考えたらそんなに高くもない。

何しろ現地を自転車でゆっくり走っていると心地よい。電車やタクシーやバスでは発見できないようないろいろな発見がある。街の中心部から少し離れた場所にその土地の特色みたいなものも出る。そういったものを所々で発見するのがなんとも楽しい。

問題は「天気」と「輸送中の管理」の問題。

現地の天気が雨であるともうどうしようもない。重い鉄の塊が狭いビジネスホテルの一室に佇むだけという事態となる。これは結構ガッカリでお金をかなり損した気分にもなる。だからできるだけ天気の情報は見逃さないようにしている。

次に管理の問題。宅配便だと結構粗雑に扱われる印象がある。今までも輪行袋が破けていたり、タイヤがバーストしていたり、残念なことが何回かあった。輸送の時に使用する輪行袋をもっと頑丈なのにすればよいのだろう。 ハードケースでという方法もあるかもしれないが、それだと一気に機動性が失われる。Bromptonの意味がなくなる。

出先でちょっと疲れたから、Bromptonを折りたたんで輪行袋に入れ、コンビニからそのまま発送できる。そんなところが長所だと思うからだ。なかなかよい方法が浮かばない。