読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

今年のドラゴンズ

谷繁監督が就任していて僕は大きく期待していた。何しろ長年中日投手陣を支えてきてくれた人物。2000年代の中日投手陣は超絶凄かった。谷繁氏はセ界一とも言われた投手陣を支え、育ててきてくれた。怪我なども滅多にしなかった。バッティングでは勝負強く、寡黙で文句もああmりいわず派手ではなくて地味。

www.yoshitaka4729.com

日本人好みの、昭和を感じさせる野球人であった。実際はどうだかは勿論知らないが、人望も厚いように見えた。監督就任時には中日の監督としてこれ以上の人物はいないだろう、と素人の自分でも確信していた。

しかし時代の流れには逆らえなかった。刻の流れというのは時として何をやっても抗えないことがある。そんなことを実感させてくれたここ数年の谷繁ドラゴンズだった。

落合博満氏も無念だろう。あれほど監督時代には冴え渡っていた采配と人事が、GMになってからどうにも上手くいかないように見える。

何をやっても上手くいかないチームを見るのはとても辛い。しかし一旦どん底を知らないと見えてこない世界もあるだろろうし、チームも変わらないだろう。谷繁監督も本当に悔しいに違いない。僕は谷繁監督にはどうしても前中日監督の山田久志氏の姿が被ってしまう。山田久志氏前監督も最後は無念そうであった。どちらも外様出身の哀しさがあった。ドラゴンズは良い意味でも悪い意味でも閉鎖的なチームなのでそれが際だっていた。

恐らく現役のドラゴンズの選手は何人かはチームを去るに違いない。寂しいが、時代の流れとはそういうものだろう。 ファンとしてとても辛い時期。しかしここからチームが強くなってゆくのを見守ることのできる楽しさもある。

地道に頑張ってほしい