読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

Fitbit charge2

Fitbit Chargeは常に僕の左手に収まっている。ここが定位置。Fitbitが何だかんだで1番のウェアラブルバイス。それは何回か書いてきた。

そして今でもその思いに変わりはない。データーの蓄積は5年以上になる。このままFitbit社が存続する限り付き合い続けてようと(今のところは)考えている。

しかし現在の主力機「Fitbit Charge HR 」の調子が悪い。充電が上手く出来ないことが多々見られる。ほんのちょっと端子の具合を動かせば何とかなることもある。ちょっとめんどくさい。

液晶の上の部分、ゴムの部位も浮き上がってきてしまっている。いつも身につけているものだからそれだけ消耗も激しいのだろう。もう暫くで使えなくなってゆく可能性は高い。

k-tai.watch.impress.co.jp

そんな折に新しい製品群の発表。Chargeの後継機は少し大型化したように思える。これだとメインの時計のように目立ってしまう。小型で心拍と階段の昇降が測定できるものを期待していただけに残念。