読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

中野と手塚治虫とまんだらけ

手塚治虫と言えば中野というイメージなのだった。

僕が子どもの頃から中野ブロードウェイという商店街は中野駅前に存在し、その中に巨大な古本屋があった。その古本屋は年々巨大になってゆくのだけれど。80〜90年代においても充分巨大であった。古本屋の名前はを「まんだらけ*1」という。今では超有名なお店だ。

まんだらけ」の中には手塚治虫の有名な作品が所狭しと並べていた。発売当時の姿形のままで数万円の名札が付けられてショーケースに飾られている物さえあった。そういったものを塾の帰り道にダラダラとつらつらと見て回るのがなによりもの楽しみであった。古本であってカラー原稿は少し色が褪せていたが、キラキラと光り輝いて見えた。とにかくこんな古本と一緒の空間にいるだけで幸せだったのかもしれない。

勿論高価な書籍は(漫画)は買えるわけないので、自分は手塚治虫全集をお小遣いから1冊1冊購入していた。

そんな思い出があって、手塚治虫と言えば中野なのだ。

そして時代はすっかりと変わった。この全集が今はKindleで読むことが出来る。しかも僕が当時「まんだらけ」で購入した値段よりも格安の値段で。

早速いくつか購入してみたものの1冊。今まで読んだことのない作品だ。

流石にコマ割とか絵柄は時代の流れを感じる。漫画の進歩とは恐ろしい程だな、と実感させる。

しかしストーリーなど全体の構成は流石。これから1冊1冊集めていこうかな。

*1:中野ブロードウェイにある老舗のオタクショップ