読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

Appleの発表

新しいiPhoneiPad proが発表された。今回もここ数年の流れ通り。数週前からリークされた情報とほぼ同じような内容の製品であった。新たな驚きみないなものは何もなかった。その新製品も事前調査をしているのかと思うぐらいに消費者のニーズに合ったものであった。受け手の側の度肝と抜くような「」あっ」と驚くようなものは何もでてこなかった。いくらAppleの製品であっても革命的なものは数少ない(iPhoneiPadくらい??)。したがって過度な期待は禁物なのかもしれない。

iPadの登場以降そんなにAppleの新製品発表に心ときめかせることはなくなってしまった。夜中の発表を夜更かししながら見たり、早朝起きて、ニュースをチェックすることもなくなった。ちょっとだけ寂しいことだけれどこれだけ大きな企業になってしまうと、ちょっと冒険心のある製品はもう出せないのかもしれないな。

新しいiPhone「iPhoneSE」は売れるだろう。これぐらいのサイズのiPhoneの登場を待っていた人は僕の周囲でも多い。iPhone6にあえて乗り換えられずにいた人々は結構いる。そういう人がこれを契機に一気に乗り換えるだろう。歴代iPhoneの中でもっとも完成度が高いのは個人的にもiPhone5sだと僕も考えている。

無理矢理僕の「ひらくPCバッグ」の中におさめているiPad pro。もうちょっと小さければ持ち運びに楽なのにな。と考えることも多い。自宅の中で使うぶんには快適なiPad proも移動中の電車とか、外出先弟子用するにはちょっと大きすぎる。そう考えると9.7inchぐらいがやっぱり丁度いい。Apple pencilが使えるのも大きい。これも結構売れるのではないかなと思う。