FakePlasticTree

ひびのいろいろ

My fitness pal の使いごこち

カロリー管理には「MY Fitness pal 」というアプリを用いている。日本語に完全に対応されておらず、特に検索においてそれが顕著。料理を入力しようとして名前を入力しカロリーを検索しようとすると全く見当違いの単語が画面に現れる。あまりにもその検索は当てにならないのであまり日本語は使っていない。

一旦頭の中で料理名を英語に直し使っている。勿論Google先生に頼ることも多い。英語であればほぼ完璧に目的のものは探し当てることができる。

そこまでしてこのアプリを自分が使い続けるのには理由がある。入力環境においえは日本の純正のカロリー管理アプリの方が断トツに使いやすいのにだ。

それは他のサービスとの連携。それはFitbitだったりStravaだったりWithingだったりする。とにかく横のつながりが強い。他の分野でのアプリでもいえることだか、日本製のものはとにかく閉鎖的。単体ではできが良い。そして使いやすい。インターフェイスデザインはちょっと微妙だが。それなのに横の連携性が酷く悪い。

これは一時期のアップル社の製品とソニー製品のようだ。1個1個の出来は良いのになぁ。残念。