FakePlasticTree

ひびのいろいろ

毎日弛緩しっぱなし

f:id:yoshitaka4729:20160130084730j:image

エアポケットのような状態に陥ることが時々ある。

 例えばブログ。今まで数年ほぼ毎日のようにゴミのような文章を書き連ねてきた。それは通勤電車の中での出来事が殆どだった。始発の電車に乗り椅子に座りながら様々な作業ができる。途中からどんどんと乗客は増えてきて両隣はほぼ埋まってしまうことが多く両手が自由に動かせないことも多い。そのような状態の中であれやこれや考えながらiPhoneで文字を打つ作業が意外と好きだった。

 例えば自転車。年末までは片道7-10kmぐらい通勤途中を自転車で走ることがたまらなかった。たまらなく気持ち良く好きであった。夏まっただ中であっても強烈に寒い冬であってもだ。そんな中で自転車を走らせるのが楽しくてしょうがなかった。無心でペダルを漕ぐのが楽しかった。

 例えばジョギング。平日は中々走る時間はとれないものの、休日(1日休みの日はほぼない)にゆっくりと20-30kmぐらい近所を走るのが何よりもの気分転換になった。PodcastAmazon audibleを聴くのに最適の時間であった。

 それが今はどうだ、通勤電車内ではウトウトとしてしまい運動もしないまま休日の少しの時間は隙さえあれば横になろうとする。憂鬱感に圧迫され、なにもできなくなってゆく。ちょっと抑うつ的なのかもしれないが、何かこの1月は上手くいかない。一度歯車が狂うと中々元に戻すことが難しい。しかしそんな「弛緩」の日常があってもよいのかな。と感じる。伸びきっただらしない時期があってこそ、緊張した時期も訪れるのだろう。ようはなんとかかんとか、最小限のことをやってゆくことなのではないか。

そんなことを考えながらなんとか数日ぶりにブログを書いた。これを書いた後はまた仕事。何とか来週末まで生き残りたい