読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

BIRKENSTOCKの靴

自分の靴は以前からHAWKINSの普通の奴だった。ちょっと街を歩いて目を落とせば誰かが履いているような代物だ。この靴で日本全国様々な場所を歩いた。アメリカや台湾の街中も歩いた。購入してから3年程。歩いてもそれほど足が疲れない。どんな服でもわりかしぴったりと合う所が気に入っていた。

しかしその靴も経年変化で大層ボロボロに。雨の日は靴の下からは水が漏れてくるし、様々な所の革が剥がれ見るも無惨な状態。流石に3年を超えると色々ボロが出てくる。冬になって身体全体が底冷えというか、靴の隙間から冷気が入りとても辛い。厚い靴下をはいてもちょっと辛い。最近出来た靴の修理屋で修理を頼もうと思ったかれど修理費のほうが高くつきそう。したがって断念。

職場ではBIRKENSTOCKのサンダルを愛用していたので、次に靴を買うならこのメーカーかなと考えていた。何しろ履き心地が欲デザインもシンプル。革の靴で経年変化で渋い色合いになるところがなんともたまらない。実際に新宿の店舗で十年程経過した良い感じの靴が飾られていた。こうやって経年変化してゆくんだ。10年も長い間履ける靴なんだ。とそのショーウィンドウを通り過ぎる度に思っていた。

www.birkenstockjpn.co.jp

専門の店舗は通勤する途中にある。先日もその店舗を通り過ぎた時にあるものが目にとまった。それは冬のセール。20%引きのセールだった。そこでいてもたってもいられずやっぱり購入。ちょっと高いけれど10年これから履くと考えれば良いだろう。購入した店舗で(たぶん有料だけれど)修理もしてくれるらしい。

3年間履き古した靴にはお礼を言って今日から新しい靴でがんばろ。