読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

幕末の本をまた1冊【書評】明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

幕末の書籍というと僕はどうしたって『風雲児たち』を思い浮かべる。関ヶ原の戦いから始まる幕末の漫画はこの作品ぐらいだろう。

www.yoshitaka4729.com

1年に2回の頻度で発表されるこの書籍は作者の年齢から考えると完結するのはほぼ絶望的。そんな悲しみもある名作幕末歴史作品だ。

この『風雲児たち』において自分が一番衝撃的であったのは幕末の人物ではない。「田沼意次」の扱いだ。田沼意次というとどうしても悪徳政治家というイメージの先入観がある。それを根底からひっくり返してくれたのは、この書籍によるところが大きい。

そして今までの自分の固定観念がひっくり返る体験。そんな体験というのは結構快感で癖になる。

今回読んだ書籍は同じ幕末もの。官軍と呼ばれる薩長土肥を徹底的に叩いた書籍だ(ちなみに徳川慶喜勝海舟も叩いている)。その中でも長州藩に対する憎悪と攻撃が凄まじい。長州藩をテロリストとまで断言する。明治政府によって作り上げられた現代人の固定観念を根底からひっくり返すような書籍。自分にとっても非常に新鮮な体験であった。

筆者はバランスをとろうなどとは鼻から考えていないので、非常に極端な意見が目立つ。そして歯切れも良い。 この書籍の内容の全てが真実だとは思わないが、歴史というのは常に勝者の理屈によって書き換えられるものだろう。