読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

東京30k冬大会に参加してみることにした

太りやすさは加速度的に

年々太り薄さは加速度的に増加している。大学の時であればさほど食事に気をつけていなくても立っているだけで瘦せてゆくような感触があった。あの頃の食事といえば、何合かの白米とコンビニの菓子パンという、超がつくほどの高炭水化物メニューであったのにも関わらずだ。すこし体重が増えても短期間食事を調整すればすぐに元の体重にもどっていた。もうそんな夢のような時代は遠い過去のもの。過ぎ去ってしまった。そんな体験が夢物語であったかのようだ。今は何をやってもどう抵抗しても体重が増えてしまう。例えちょっと夕食を我慢したとしても、翌日の朝に菓子パンを少し食べただけで体重は元通り、お腹は緩やかに膨らむ。飲み会の後などは確実に1-2kg増加している。ラーメンを食べた日も同様だ。というか、ラーメンなんか食べた日には翌日確実に身体が重く、内蔵全体がダメージを受けたようになる。基礎代謝量が急激に落ちているし、内蔵も弱まっているんだろう。

自転車とランニング

そんな情けない身体の状態を幾ばくかでも改善すべく自転車にのったり週末は走ったりしている。自転車は仲間がいるので楽しい。仲間と走るロングライド、田舎の道。次に何処にいこうか?と想像を張り巡らす。そんな時間がたまらなく贅沢。そんなことを考えながら週末自転車の掃除をしている時間は至福の時間に思える。

そしてランニングの大会へ

そしてもう一つはランニングだ。これまた絶望的に遅い。10km走るのに1時間を少し超えてしまうぐらいの遅さ。街中を走っていると大抵色々な人々に抜かれていく。ランニングブームというせいもあって、街中の人々は走るのがメチャクチャ速い。まあ自分は速く走るためにランニングをしているわけではない。だから自分の走る速度については諦めている。それよりも気分を少し変えたり、太りやすい体質を改善するために走っている。そして今のところランニングには仲間がいないのでなんとなくダラダラと走る傾向が続いていた。その傾向を少しでも変化させるために大会に出場してみることにした。今までハーフマラソンの大会には何回か出場したことはあった。しかしそれ以上お距離は自分はまだ経験はない。

30k-series.com

丁度30km。フルマラソンはまだ自信がないけれど30kmであればギリギリ走れるかもしれない。これを乗り越えたら次はフルマラソンに挑戦してみるかな。今から大会の日がちょっと楽しみ。