読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

それでも僕はApple watchを使い続ける

iphone-mania.jp

Apple watchの評判が散々だ。

iPad proやiPhone6 plusの迷走ぶり、加えてapple pencilの充電時のスタイルの悪さなんてちょっと前のAppleでは考えられなかったことだ。無敵艦隊とでもいおうか。向かう所敵がいないと考えられていたAppleでさえ陰りが出てきたということかもしれない。

そして強迫傾向のジョブスだったら絶対にこんな製品は出さなかったに違いない。

しかしそういった製品群とApple watchはちょっと違うと僕は思うのだ。そこには未来がある。例え失敗に終わったとしてもそこに夢みるようなものが確かに存在する。マーケット調査に迎合すぎることのない信念がそこにはある。僕はPippinATMARKを思わず製品化してしまったりApple Quick take(Appleデジタルカメラ)にチャレンジしてしまったり、Newtonのインターフェイスなど未来を感じさせてくれるAppleが大好きだった。未完成ながらもその中にワクワク感を感じさせてくれるこの会社が大好きだった。

ちょっと緩いAppleが好きだったのだ。『絶対ヒットしないだろうなあ』と誰もが考えていても未来を信じて思想を製品化する会社。そんなAppleが大好きだった。この信念がちょっとこのApple watchには息づいている。

こんなことを書いたら多くの人々にバカにされそうだけれどもそれでも僕はApple watchにドキドキしてしまうのだ。