読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

悲しみのアルテイシア

www.yoshitaka4729.com

第一作は副題が「青い瞳のキャスバル」だった。そして第二作の服痔ADHDは「悲しみのアルテイシア」。まあ普通に考えればシャアの後はセイラですよな。本作はシャアとセイラの物語だと考えられるのでこの副題の移り変わりは順当なところ。

「青い瞳のキャスバル」は当初からシャアの戦闘シーンから始まり、それは胸が躍るような展開であった。そんな前作とはうってかわって本作は人間ドラマが中心。それでも初代ガンダムのファンであれば思わずニヤリとしてしまうような展開と人物の登場場面が多い。特にあの黒い三連星の顔なじみのキャラの登場場面は胸が高まる自分があった。

会社の方針として、団塊世代Jrを狙った商業作品であり、商売的なあざとさというのは理解している。それでも尚、本作を見れば見るほどにその魅力にハマっていってしまう。 やっぱり僕らの世代にとってガンダムは特別な存在だ。