読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

朝のマインドフルネス

瞑想というとちょっと宗教の匂いがして敬遠する人もいるかもしれない。僕もそう考えていたひとりだった。しかしそんな概念が変化したのは高校のときであった。

僕は高校入学後の定期試験でいきなり最下位に近い点数(授業を聞いているのにも関わらず!)を取ってしまった。

そんな時期に同級生に誘われて僕は学校の自習室に行くことになった。そこは高校の美術の教室で朝の授業開始の二時間ぐらい早く先生が教室を開放してくれていた場所だった。その場所では特に決まりはなく、自分の好きなように勉強をしていればよかった。しかし勉強の前にたったひとつだけやらされていたことがあった。それは数分間の間、瞑想をすることだった。朝なので思わず寝てしまうこともあった。しかしその場にいた先生が結構怖かったこともあってそれなりに真剣に取り組んでいたのだった。

 最初のうちは「なんでこんなことやらされるんだろう?」とひたすら疑問に考えていた。しかし回数をかさねるごとに自然と当り前のように取り組むようになっていった。ついにはその場所だけでなく、勉強を始める前には静かに目をつぶって瞑想することが習慣になっていった。

そうすることで余計な雑念が消えてゆくし、何よりその後の集中力が上がるのを実感できた。特にテスト前等の気持ちが動揺するような時期には効果てきめんであった。

だから最近マインドフルネスが流行っているのにも納得がいく。久しぶりに10代の時以来定期的にマインドフルネスをすることを習慣にしている。幸いそれを行うための色々体さなアプリがあったりして敷居も低い。入門者用の書籍も沢山ある。

誰でも気軽に出来て驚くほどの効果があるものだと思うので皆やったらいいのにな。