FakePlasticTree

ひびのいろいろ

僕は中日Dragonsが大好きであった

僕は中日Dragonsが大好きだった。正確に言うと今も好きだけど以前ほどの情熱ではない。名古屋もしくは中京地区出身者でもない自分がDragonsを好きなのはよく理由が分からない。少し華やかとは言い難く、オッサン臭い垢抜けない選手達にこの上ない魅力を感じる。その伝統は今のDragonsにもしっかりと受け継がれてあると僕は思う。40代の選手達がこれほど活躍しているチームはいない。山本昌選手に至っては今年50代だ。

そして自分がどの時代のDragonsが好きだったかというと「強竜打線」とその名を轟かせていた頃のチームだ。立浪や中村、山崎そして彦野、そして何より大豊選手だ。

元中日の大豊泰昭氏を追悼 ── 無骨な努力の人「トイレも1本足で」 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

大豊選手といえば一本足打法。決して打率が良いバッターではなく好不調の波が大きい選手であった。しかしその打席での姿は最高に美しかった。一発当てた時の打球の勢いよいも凄まじかった。

横から見た彼の一本足打法が自分は大好きであった。しかしその大豊選手が亡くなった。まだ若すぎる死。確実に自分の10代を支えてくれたい選手達の1人であっただけになんともやり切れず寂しい。

ご冥福をお祈りします。