FakePlasticTree

ひびのいろいろ

紛失しやすいSIMカードの収納の仕方

ソフトウェアSIMが普及すれば、自分もこんなことをする必要ないんだろうけど。そして現時点でのSIMの仕組みというのは明らかに非効率。

ソフトウェア型SIM ‐ 通信用語の基礎知識

SIMを抜き差しするのは非常にめんどくさい。SIMカードを入れ替えている最中になんかどこかを「ポキッ」といってしまいそうになる。防水とか色々な面でもハードウェアのSIMというのは不便な。

いつかはこんな問題は解決するのだろうけれど、Androidを含めて全てがソフトウェアSIMになるのはまだまだ時間がかかりそうだ、

そうなるとSIMの抜き差しの後に使わないSIMを保管する場所を作らなければならない。そしてあんな小さいものをキチンと保管しておけるほど自分はまめではないし、そのままビニール袋とかにいれたらほぼ100パーセントに近い確率で紛失してしまうことだろう。 そして同時にiPhoneSIMカードを取り出す、針金みたいなものも自分にとっては非常になくしやすい存在のものの1つだ。

f:id:yoshitaka4729:20141208084608j:plain

なので(ちょっと言い訳に近いけれど)、SIMカードや"Appleの針金みたいなやつを閉まっておくケースを購入してみた。

f:id:yoshitaka4729:20141208084618j:plain

ふたを開けると、下地がちょっと粘着する下敷きみたいになっていてカードや小物がバラバラにならないような工夫がしてあるところが素晴らしいところ。

これだったら幾ら自分でもSIMカードをなくさないに違いない。旅行の時にも役立ちそうだし、格安のDataプランにちょっと乗り換える時などにも役立ちそう。

しかし、やっぱりソフトウェアSIMが広まることに僕は期待したい。