FakePlasticTree

ひびのいろいろ

中野駅北口に佇む立ち食い蕎麦のお店_「かさい」

立ち食い蕎麦なんてどこも同じもんだろうとつい最近まで考えていた。 といっても立ち食い蕎麦が僕は嫌いなわけではない。まあ蕎麦とはいえず立ち食い蕎麦とはうどんのようなものだろうけど。 しかしそれでも僕は立ち食い蕎麦が大好き。

小学生から中学生にかけて習い事をしていた頃は駅に併設された立ち食い蕎麦でかけそばを食べるのが日課にもなっていた。

朝時間がちょっと空いていて朝ご飯を調達することに失敗した日などは良く利用する。 カロリーや脂質は高いだろうけども、掻き揚に生卵をトッピングしたような豪華な蕎麦を朝食べるのは何よりもの贅沢だ。

中野駅北口にある最大級に美味しい立ち食い蕎麦の店

f:id:yoshitaka4729:20141122070359j:plain

そんな立ち食い蕎麦の中でも自分が大好きなお店は中野駅北口の駅の目の前にあるお店。「かさい」。看板には田舎そばと書いてあって、実際そのなの通り田舎そばのお店。

駅を降り立ったり、駅に着いたりした後にこのお店にふらりと立ち寄って数分で蕎麦を食べる。

f:id:yoshitaka4729:20141122065919j:plain

トッピングは最近の自分のブームは「鰺の天ぷら」。肉厚の鰺の天ぷらが一匹のって120円ぐらいの料金で食べられる。蕎麦は田舎蕎麦らしく、太く不揃いでそれがまた美味しい。

決して上品なお店ではないけれど、素朴で美味しい。そして店内はいつも大混雑で活気がある。鰺の天ぷらは人気のトッピングで夕方ぐらいになるとすぐに品切れになってしまう。

最近寒い日が続くのでここの蕎麦がまたとりわけ美味しく感じる。これからもたぶん10年単位でお世話になるようなお店だろう。