FakePlasticTree

ひびのいろいろ

Bromptonのヘルメットを考える

我がBrompton M6Lに乗っている時は一応ヘルメットを被っている。当然といえば当然だけどやっぱり安全性に気をつけてのことだ。

ヘルメットにライトもつけているのでこれが結構楽ちん。安全性にも万全を期しているつもり。 そしてつい最近、ネットで話題になった記事に以下のようなものがあった。

こんな記事を読んでも僕は結局ヘルメットを被るということに躊躇しないと思う。何かあった時にやっぱり自分は(が)後悔したくない。予防注射と同じで、後から後悔するのだけは嫌。事故が運悪くあった時にやることはやったんだという感覚を自分の中で遺して置きたいという気持ちが強いのかな。

しかし、このカスクの評判がイマイチ悪い。悪いというかこれを付けて走っていると笑われることが多い。見た目が元某新興宗教の人に見えなくもないからだろう。自分では気に入っているものが、意外と笑いの種になっているのはそれはちょっと寂しくて残念なこと。ショックがデカい。残念。

そこでこの「サイクルキャップ」を試してみることにした。僕自身お気に入りのKAPEKLMUURのサイクルキャップ。

これと、カスクを組み合わせると以下のような感じになる。

f:id:yoshitaka4729:20141113233753j:plain

まあいくらかマシな見栄えになるのかな?と思っていたけど、やっぱり笑われた。 まあ自転車なんて所詮は自己満足の世界だし。自分はこれでやっていこう。