FakePlasticTree

ひびのいろいろ

iPhone6 plus はRPGに近い

何度も書いていることではあるけれど初代iPhoneの出来はそれは酷かった。テキストのコピー&ペーストはできなかったし、何しろ満足にテキストを入力することさえできなかった。それはフリック入力の途中でiPhoneが固まったりしていたからだった。

 

それでも皆、iPhoneを皆使い続けた。それはこの端末に未来を感じていたからだろう。今のiPhoneの使用者でこのような端末を辛抱強く使い続けられる人々はそんなに多くはないに違いない。

 

未来を感じられる端末は例え出来が良くなくても意外と人々はついてゆく。最近数年間Apple社意外の製品ででそのような未来を感じられた端末の例を挙げれば、

 

 

 

 

 

 

 

くらいだろうか。

Apple社の製品でも昔はPippinATMARKなど酷いものもあったし懐かしきNewtonなどバリバリ未来を感じたが、結局中途で開発断念になってしまった。

しかし心ときめく製品に出会った時というのは本当に幸せな気持ち、ドラえもんや極上のSF小説を読んだ時に近い気持ちになることができる。そういう意味で今回のiPhoneの選択はPlusにしてみた。自分としてはちょっと冒険であった。そのようなワクワク感は今のところ少しだけ。初代iPhoneやNewtonほどの感覚ではない。

 

それでもこれからソフトフェアやアプリが充実していくと幸せになれるかも。と思うとワクワクしてくる。これはRPGにも似た感覚。兎に角これからが色々楽しみだな、という体験を与えてくれただけでも僕はApple社に感謝することにしよう。