FakePlasticTree

ひびのいろいろ

RICOHのtheta用の三脚にはtiltpodがよいかもしれない

RICOHのthetaという全方位カメラはなんだかんだいっていっつも鞄の中に忍ばせてある。そしてライフログカメラとして活用している。

360度、全方位で映ってしまうのでそれはともかく自分自身もその中に入ってしまうということ。それはなんともともかく恥ずかしい。だから一般公開はしてないのだけどHTMLへの吐き出しが出来るのでday one**という日記アプリと組み合わせて楽しい日々を過ごしているのだ。

問題はその固定の仕方

問題となるのはその固定のしかた。thetaの撮影時の固定の仕方だ。この奇天烈なカメラはスティック型なのでどうしても撮影時には自分が近く映ってしまったり、間抜けな手を伸ばした自分がいたりする。

それを防ぐには三脚の存在が不可欠。しかしたかがthetaのためだけに荷物を増やしたくない。いや増やすべきではない。

コンパクトでその存在が気にならない三脚(のようなもの)はないだろうか

普段バッグの入れておいても邪魔にならない三脚のようなものはないだろうかとひたすら探していて、どうやら結論らしきものがでた。コンパクトカメラ用の簡易三脚みたいな製品。**tildpod**という名前

両面テープでthetaには固定できる仕組み。

土台の部分はキーホルダーにつけら

れるようlになっている。

マグネットでthetaとはしっかりとくっつき固定される。不安定に見えるけどこれでなかなか安定している。

これで撮影の幅はかなり拡張されるだろう。そして何よりもコンパクトなのが嬉しいな。

カメラスタンドに早変わり!「tiltpod for コンパクトデジタルカメラ」 チルトポッド(デジタルカメラ用)

via PressSync