FakePlasticTree

ひびのいろいろ

MacBookAirのお供としてLogicool ウルトラスリム タッチマウス forMac T631を使ってみた

MacBook Airのマウスについて

 

Windowsのノートブック、正確に言うとIBMのThinkoadに浮気していた頃はノートブックであってもマウスが必須の小道具であった。それだけ、ノートブックの操作性に満足していなかったということだろう。ThinkPadトラックポイントも中々魅力的なのだが結局最終的にはマウスを使う羽目になっていた。

 

時代は変わっていつの間にやら自分の仕事道具がWindowsから再びMacへと返り咲くようになり、それと共に持ち歩くPCがMacBookAirになってくると、マウスを使用する頻度は激減していた。

 

その理由を考えてみると

 

  • MacBookAirのトラックパッドが使い易い
  • MacBookAirのデザインにマッチするマウスが中々ない

 

 ということが挙げられる

 

Logicool ウルトラスリム タッチマウス for Mac T631 

 

 

 

 そんな中logicoolMac用マウスが新しく発売されたので今回購入してみた。

デザインはMacBookAirにマッチしている。

 

その他にも

 

 

  • とにかく小さくてスリム!
  • 電池式ではなく充電式
  • 急速充電に対応(1分の充電で1時間の使用が可能!)
  • 充電はmicroUSBコネクタなので便利

 

 特にスリムなのは大きな利点。ワイシャツの胸ポケットとかにも余裕で入る。しかも軽量なので入れていることに全然気が使い。これなら職場でMacBookAirを持って移動する際にもポッケにマウスを入れて片手でMacを持ちながら移動したりすることが可能となる。

 

まああんまりにも小さすぎて、なくしやすいという欠点もあるのかもしれない。

 

操作性がいくらか悪いのが難点

 

このマウスの一番の欠点は操作性が今一であることだろう。

小さいので何しろ握りにくい。手にすっぽりと入る感じがない。これはスリムにしたことの代償なのでしょうがないといえばしょうがない。また二本指のジェスチャーなどにも対応していない。まあこれはトラックパッドを併用すれば済む問題か

 

LOGICOOL ウルトラスリム タッチマウス forMac T631