FakePlasticTree

ひびのいろいろ

RICOH Thetaは究極のライフログカメラかもしれない

RICOH の全方位型カメラ Thetaを購入した。

 

f:id:yoshitaka4729:20131221080523j:plain

 

 

丁度Amazonのポイントが色々溜まっていたこともあったりしたこともあってつい勢いで購入してしまった。

目新しいガジェットに妙に心ときめいてしまう自分にとってちょっと我慢ができない商品だった。

 

そもそもRICOHの製品はGR digitalから愛用していることもあって妙に愛着がある。RICOHの会社の製品は哲学がある。それはGRについてもそうだし、その後のファームウェアアップデートを長期的に行ってくれるところも非常に嬉しい点。「自分達で送り出した製品を愛している」という姿勢がビシバシと伝わってくる。

 

Thetaは究極のライフログカメラかもしれない。

 

そんなRICOHから発売された新しいタイプのカメラTheta.ワンシャッターで全天球イメージが撮影できてしまうカメラ。基本的にはiPhoneAndroidなどのスマートフォンと連携して活用する。本体だけでも撮影はできるが、映像の確認はできない。シャッターボタンも本体にあるものの、手が写ってしまう。

 

なのでiPhoneでリモート撮影することが多くの活用方法なのではないかと思う。その画像ははっきりいって大夫荒く、一昔前のcellular phoneのカメラぐらい。撮った画像も専用のソフトウェアがないと見ることさえできない。

 

しかし、全天球イメージが気軽に撮影できるというのは楽しい。ある場所でその時の自分の記憶を全て切り取ってくれるような感覚。全てのものが移ってしまう。意外な物や人の表情などが撮影される。

そういう意味ではライフログカメラとして非常に有用な存在なのではないかなと思う。

 

まだまだソフトウェアの出来など不完全な部分はあるけれど、RICOHのことなのでこれから頻回なアップデートがあるんだろう。それもこれからの楽しみだ。