FakePlasticTree

ひびのいろいろ

日常のお遊戯会

こどものお遊戯会。日曜日はそんな日だった。お遊戯会とか学芸発表会は自分がこどもの頃はちょっと憂鬱だったのを覚えている。明らかにその前後になると幼稚園の先生とか学校の先生はイライラ、ピリピリしてくるし練習を何回を繰り返しさせられるのは本当に拷問であった。

華のない僕は当然台詞がある役なんかやったこともなく変な踊りをしたり、ただぼーっと立っていることが多かった。なので合唱発表会とか運動会と並んであんまし良い思い出がない。

しかしやっぱり、自分の子どもの発表会となると別ですな。色々成長が感じられて嬉しい。こういうのは子どものためというより、父兄のためのサービスという一面が大きいのだろうなぁ。としみじみ。

via PressSync