FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】性犯罪に被害にあうということ

「人に言えない恥ずかしいことをした」という気持ちを抱えて生きることの屈辱と、理不尽な罪悪感をいつも持っていた。性犯罪の被害者の悩みは、ここなのだ。

重い本だ。性犯罪被害者として実名や顔写真などを公開している著者の本。24歳の時の自身の体験やその後の人間関係を詳細に書いた本。その内容を思い返すだけで十分に外傷的な体験なんだろう。それに加えてそれを活字に起こすということは余程の覚悟がいる。

それは「皆にその事実が公開されるから」ということではなくて、本当に自分自身のなかでおぞましい出来事を再体験することになるんだろう。

性犯罪に会ってからの長い苦悩、つまり犯罪に会ったことに対する怒りの矛先、自責感などなどもその後長期間に渡って持続し現在もそれは続いている。

読んでいてこんなに辛くなる本も久しぶりだけどこんな現実はおそらく沢山身の回りにはあるんだろう。

via PressSync