FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】Ultraman 第3巻!

 

 

現代版ウルトラマンの新刊、Ultramanの第三巻。設定は初代ウルトラマンから数十年後の現代。初代ウルトラマンの早田進とその息子早田進次郎を中心として物語が進む。その他のキャラクターも井出隊員やら諸星弾のような懐かしすぎる名前もでてきて思わずニンマリ。

 

当然のことながら宇宙人や怪獣なども出てくる。「レッド」なんて呼ばれている頭が小さい荒くれ者の怪獣(レッドキングと思われる)などキャラクターはどれも個性的。

進次郎が返信するウルトラマンウルトラマンというより何処かアメコミのヒーローみたいだ。しかし僕はそれが現代的でとてもかっこいいと感じた。

 

ストーリーはヒーロー物というより、SFサスペンスという感じ。完全な大人のウルトラマン。それが謎めいていてなんとも言えない魅力になっていると思う。こういう歴史が長い人気キャラクターを素材にするとマニアックなファンから色々言われてしまうこともあるだろう。

 

けどこの漫画はしっかりとしたストーリーと何より画力が素晴らしい。これからの展開もどうなってゆくか楽しみ。

 

via PressSync