FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】王者の漫画キングダム 32巻

 発売が待ちきれないキングダム。そして32巻の発売

 キングダムはそれにしても凄い漫画だ。

 はっきりいって第1印象はあまりよくなかった。それは絵柄が単に自分好みではなかったから。読み始めるまでに多少の勇気が必要だった。少々癖のある絵柄はもしかすると、最初に読み始める人を選んでしまうかもしれない。

しかし、それそえクリアしてしまえばあとは果てしない魅惑の世界。1巻から読み始めて、この32巻まで本当にあっという間の出来事になる。普通の漫画は中だるみというものがあるけれど、この漫画には全くない。

この漫画の魅力

 史実を元にしたほぼフィクションという漫画なのだけど、この漫画の一番の特徴はそれぞれの登場人物が異様に魅了的であること。それもそのキャラクタ-の魅力がテンポ良く切り替わって読んでいて全く飽きがこない。

 この32巻では、それに当たる人物は後の始皇帝となる「政」そして「山の民」。特に政の活躍は目を見張るものがある。男の中の男。大王となる器とはこういう人のことを言うのであろう。単純明快にカッコイイ。男が読んでいて本当にワクワクする漫画とはこういう漫画のことをいうのであろう。