FakePlasticTree

ひびのいろいろ

我が青春

我が青春の池袋

十代の半ば、つまり高校生の頃僕は池袋が一番の都会であった。高校の通学途中に池袋駅があったからだ。

池袋駅というのは昔っからダンジョンのように複雑で慣れるまではどこをどういけばよいのか全く分からない。高校に入学して初めてその場所にいった時には本当に迷子になった。

その駅の複雑さ、ごちゃごちゃ具合ははどこか垢抜けない田舎のような雰囲、池袋とはそんな街なのだ。

僕はこの街で映画を見て、騒いで皆と食事をしながら話し込んだり、予備校に通ったりした。

しかし大人になってからは全く訪れる機会もなく、あったとしても電車で通り過ぎるだけだった。でもつい最近学会があり本当に久し振りに池袋へ。やっぱり複雑でちょっぴり田舎臭い。

我が青春のナポリタン

駅地下にさんざん利用した"ホットスナック"のコーナーは今はラーメンとかたこ焼き屋が連なる場所となっていた。この場所でハンバーグ載せナポリタンなど散々食べたのだった。その店もやっぱりもうない。

しかし店の形態は変わったもののほぼ同じ場所にチェーン店のナポリタンのお店が。

朝だったけど思わず注文。その破壊的な量に圧倒されながら朝食として食べてしまった。当然その日はそれ以降ほとんどなにも食べれず。激しく後悔。

しかし本の僅かの青春を満喫できたような気がするな(気のせいだけど)

関連ランキング:パスタ | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

via PressSync