FakePlasticTree

ひびのいろいろ

知的好奇心は充たされているのか

日曜の夜には「情熱大陸」というテレビ番組がやっている。随分前からやっている番組だ。日曜日の夜という人生の中でも最も暗くて憂鬱となる時間帯に毎回その時期の旬の暑い人々が出演する番組だ。出演する人の業種も幅広い。ちょっと「あれれ」という回の時々あるけれど概ね面白い。

ノンフィクション系の番組は好きなのでもう、何年も前かこの番組は楽しみにみている。放映当日に見ることは殆どなくほとんどは一種か二週遅れて見るのだけど。

Untitled

そしてつい数週間前に作家の林真理子先生の回があった。そしてインタビューでお金を持ってよかったこと、つまりお金持ちになってよかったことと、聞かれて

知的好奇心が満たされること、好きな本が買えたりオペラが見られたり、好きな場所に行けること」(大体こんな意味のことを言っていた)

と答えていた。

なるほど、まさにその通り。人間が人間たる理由ってやっぱり知的好奇心何だろう。振り返って見れば最近読んだ以下の二冊の本にも大体同じような趣旨のことが書いてあった。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白 (新潮文庫)

まぁでも結局は人生お金がなくても、最低限の食事ができて知的好奇心が満たされれば幸せなんだろう。

今の自分の知的好奇心はちゃんと充たされているのかな?好きな本を、買いまくって金欠になり月末は苦しい時もあるけれどまあそこそこというところか?あとは演劇や映画をみたりする時間がもっとできたらいいなかな。

via PressSync