FakePlasticTree

ひびのいろいろ

今日はMacBookAir2013のバッテリーがどこまで持つか試してみるつもり

NewImage

 気持ちが煮詰まった時にはどうしても何をやってもダメ。悶々とした時間を過ごすだけでどうにも仕事が捗らない。仕事が溜まっている土日にはどうしても無理矢理自分がやりたいことをつめこみがち。しかしその一方で仕事は遅遅として進まず。

 思えばこのパターンは学生の時からあまり変わっている気がしない。そしてしらない間に周りの人に追い抜かされてゆく。思えば随分時が経つのが早い。本当にあっという間だ。気がつくともう40歳を過ぎていて、たいした学びもないまま時間だけが経ってしまった。なんの成果もこれまで挙げてやしない。

 せめて死ぬまではなにかしら学び続ける人間になりたいとは思うけれど、そんな願望にも時々疲れてしまい何も考えずドロのように眠ったり酒に浸りたい気分にもなる。怠惰への憧れというか、基本的にダメな奴なんだなあと気が落ち込んだりもある。そのくせ人には色々説教じみたことを言ったりして。愚痴っぽいことは書かないつもりだったのに対書いてしまったなあ、反省。

 そんなことを思いながら街のStarbucksで仕事を始める。新しいMacBookAirはかなり快適で作業が軽快。バッテリーがどれほど持つか今日は試すつもり。実際12時間持つのは無理としても5–6時間もってくれれば本当に嬉しい。一応念のためACアダプタは持ってきたけれどなるべく使わないで我慢しよう。