FakePlasticTree

ひびのいろいろ

当直用の鞄を土屋鞄に

僕の職業は泊まりの仕事がある。

1日働いてそのまま当直をして次ぎの日もまた働いて。気が付いたら3–4日間自宅に全然帰っていない。そんな日も若い時には結構あった。何しろ月に7–8回当直をしていた時代。よく分からないまま毎日が過ぎ去っていた。そうやって身につけたものもたくさんあるし、そんな環境下で仕事ができたことはある意味幸せだ。

そんな環境下で同期の仲間と仕事をしたのは良い思い出。

今はその当時からはちょっぴり孤独になったけれど、当直の仕事はこれからも後何十年間続けなければいけない。

それを考えると陰欝な気持ちになってゆくけど、まあしょうがない仕事だもの。

当直用の鞄

今普段仕事にいく時愛用しているのは「開くPCバック」

鞄を開くPCバックにした | FakePlasticTree

ルックスはイマイチの所はあるけれど、とにかく荷物が取り出しやすいのが大のお気に入り。色々ものが入るわりには全然重たく感じないのも凄く気に入っている所。

しかし当直の時はどうしたって荷物が多くなる。着替えとか洗面用具とかタオルとか。まとめると結構な荷物。なのでこの「開くPCバック」じゃあ容量不足になってしまう。

なので当直用の鞄を新たに購入することにした。

P5120004

土屋鞄のトートバック。結構な人気で普通に購入するのは中々困難。メールで発売日を登録して発売と同時にWebで購入した。頑丈な作りで荷物も結構入る。当直の時の荷物をガシガシ入れるには丁度良い。

憂鬱でたまらない当直。そんな日ぐらいはお気に入りのこんな鞄で出勤できたら少しは気も晴れるだろう。