FakePlasticTree

ひびのいろいろ

iMacのkeyboardをロジクールのソーラーキーボードにしたよ

 Macの良い所の一つは全ての機種でインターフェイスの統一がとれているところ。

 あたり前といえばそうだけど、同じメーカーのパソコンで同じ時期に発表されたものであってもキーボードの配列が違っていたりマウスの操作性が違ったりすることが多い。特に日本のメーカーに多かった気がする。この辺りは日本車にも通じるような特徴のような気がするけれど、日本人ってちょっと飽きっぽいところがあるのかな。

 特にMacが素晴らしいのはノートパソコンでもデスクトップでもキーボードの統一ができる所。全て同じ配置で同じようなキートップの打ち心地であるというのは作業効率が非常に上がる。人間の感覚というのは微妙なもので、ちょっとの違いが気になってしょうがなくなってしまう所があるけれどMacの場合はそれがない。

 Bluetoothのキーボードの使い心地も素晴らしく良い。マウスはデザインは抜群、しかし少し手の平の中の収まり具合が良くなればなあと思う所がある。まあでも使いにくいという程でもない。

純正Bluetooth keyboardの問題点

 Macの純正Bluetooth keyboardの問題点はなんといっても電池駆動であるということだろう。基本的にエネループを用意すればこと足りる問題。しかし重度のめんどくさがりや体質なのでそのちょっとの作業が中々僕にはできない。本当にたまにkeyboardの充電がきれてeneloopの持ち合わせもなく途方にくれてしまうこともあった。まあ1年に数回あるかどうかのことなんだけど。

 そんなめんどくさがりやの僕の悩みを解決してくれるkeyboardがあった。しかもキー配列がMacの英語keyboardとほとんど同じ。室内の照明からソーラー充電してくれてほぼ無限につかうことのできるkeyboard。

発売元もLogicoolなので安心。僕の大好きなすっきりとした英語配列であるのもポイントが高い

P5190001

試してみての感想

 やっぱり電池の交換を永遠にしなくて良いというのは酷く安心することだ。キー配列も純正と同じなので何の異和感もなく使用することができる。

  • 純正のkeyboardと比較するとやや堅めの打ち心地であること
  • スリープからの立ち上がりのkeyboardの反応が若干遅れる
  • 傾斜があともうちょっとつけばもっと快適
  • 純正のkeyboardより一回り大きい

というのが現時点での不満点だけど、それよりも電池交換の心配から開放されるアドバンテージのほうが自分にとっては大きいかな。

LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760