FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】根暗でひねくれ者で嫌な性分の自分を勇気づけてくれる本_大河の一滴

大河の一滴
五木寛之
幻冬舎 ( 2013-04-19 )

 書店にいくと今盛況なのはビジネス書のコーナー。ありとあらゆる自己啓発の本が並んでいる。確かにこの類いの本は読んでいて楽しいし、高揚感に浸れる。自分が有能なビジネスマンになったかのような錯覚をあたえてくれるようなものも多い。しかし読んでいてとても疲れるのも確か。

 栄養ドリンクを体にドンドン注入されるけど後からぐったり。疲れ果てる。そんな気分になってしまう本が多い。もう頑張りたくないしなあという気分の時も確かにある。頑張っている周囲から距離を置いて1人静かに佇みたい。元来へそ曲がりなので、周囲が盛り上がれば盛り上がるほどそんな気分になってしまうそんな嫌な性格なのだ自分は。そんな自分の心の有り様を許してくれる気にさせてくれる作家が五木寛之。

 五木寛之の本は今までに数冊読んでいる。メディアマーカーでちょっと調べてみたら今までに読んだのが4–5冊。どれもトーンは一緒。

どれも枯れた文章というか、抑うつ的だけど情緒的でどこか安心できる内容。多分今まで読んでいた本の元になった本がこの「大河の一滴」。

 親鸞や蓮如、そして老子の逸話がいつものように出てくる。それだけで生じる安心感。そして自分もこれで良いのかな、と思わせてくれる内容。