FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】人を殺すとはどういうことか―長期LB級刑務所・殺人犯の告白

人を殺すことがこれほど一般化、日常の何気ないこととして語られる世界もそう多くはないだろう。

 受刑者の中で失効契機が10年以上の者はL級と分類され、犯罪傾向が進んでいるものはLB級とされる。そんなLB級の受刑者の手記が本書。著者はかなり頭が良いと思われる人で、その文章は簡潔かつ明瞭であっという間に読了することができる。著者自身「美達大和」というペンネームで、本書の他にも沢山の著書を残している。

 著者自身の生い立ちから殺人への経緯、刑務所に入ってからの心境の変化、刑務所内での暮らしが内容の半分。もう半分は他の受刑者達をヤクザと非ヤクザに分けてその様子について書いている。ほとんどの受刑者達が殺人についてあまりにも身勝手で、自分自身へ感じる様子が全くないのがなんとも衝撃。

「罪を償う」という言葉が絶対的に当てはまらない人種もいるのだ、ということを本書を読むとよく分かる。半分絶望的になる本だけれども、そういった人々が常にこの世の中にはいるのだ、ということを念頭において生活しなければならないのだ僕たちは。