FakePlasticTree

ひびのいろいろ

鞄を開くPCバックにした

鞄を変えた。

今流行りの「開くPCバック」という三角のショルダーバックだ。デザインはイマイチかなと思ったけど、とにかくネットでの評判が良いのと荷物も結構入りそうだったので少し無理をして購入。

届いてみると意外に小さくてビックリ。

この鞄の中に MacBook Air,iPad mini, kindel paper white 3g, iPhone,HTC-J、筆箱、各種のコネクタ、歯磨きセットをいれている。ちょっと前までヘッドフォンとOM-Dもこの中に入れていたのだけれど鞄の形が崩れる程ぱんぱんになってしまうのと、ぎゅうぎゅう詰めの鞄の中だと色々ものが壊れてしまうのでやめた。

開くPCバックにして意識が変わった

 それまでは鞄の中には物がたくさん入ればいいや、という感覚。なので詰めることができるものを詰めれるだけ入れていた。そうすると自然に鞄の中は物で溢れかえり、どこに何があるのか分からない状態。その結果物を探す機会が多くなり、急いでいる時などはどうしても物をがさつに扱う結果となる。

 そうすれば、どうしても物は壊れやすく傷つきやすくなる。

 「開くPCバック」は鞄から物を取り出すことが前提のバック。なので鞄の空け口もおおきく開くことになるし、非常にものが取り出しやすい。鞄を空けた時に何処に何があるが非常に分かりやすい状態になっている。その機能を最大限生かすために鞄の中に何を入れるかに対して非常に気を遣うようになった。

 普段から物が多すぎて減らしたいなあ、と思っている自分にとってこれは大きなきっかけとなった。

そしてもうひとつの「開くPCバックの利点」

 もう一つの開くPCバックの利点は身体へのフィット感が抜群に良いと思われること。鞄を連れ歩いていて本当に気持ちが良い。三角形になっている部分が絶妙に身体にフィットするせいもあるのだろう。普段毎日持ち歩くものだけにこれは非常に大事なことだ。

 鞄の選択というものは終わりのない旅のようなものでこれからも、色々な鞄に浮気してしまうことがあるんだと思うが、この「開くPCバック」は間違いなく自分の鞄の歴史の中で光り輝く鞄になることは間違いないと思う。

ひらくPCバッグ |「ペン立て」みたいなPCバッグ abrAsus(アブラサス)「SUPER CLASSIC」