FakePlasticTree

ひびのいろいろ

1000円カット大好き。

 髪を数ヶ月ぶりに切った。

自慢ではないが、僕は今まで生まれた時から髪型を変えたことがない。

 

 髪の長い、短いはあっても基本的に同じ。一時期スポーツ刈りにしたことがあるけれど、変えたのはそれぐらい。床屋にいっても基本的に2–3cm切って下さい、しか言わない。

 

 床屋や美容院で自分の髪型について注文するのはなんか恥ずかしい。こんなこというのは自分だけかもしれないけれど、やっぱり恥ずかしいものは恥ずかしい。そもそも美容院なんて高校生とか大学生の頃に行っただけで後は全部1000円カットだ。

 

1000円カットは大好き

 

1000円カットは潔い。何でこんな素晴らしいお店が昔からなかったのか、僕の子どもの頃からこういう類いのお店があればもっと僕の人生は変わっていたのではないかと思う。

何も世間話はしなくて済むし数十分で全ての作業を終了してくれるところがたまらない。

 

顔に熱いタオルを乗せられて、そのまま放置され我慢する必要もないし、カミソリで顔を剃られるようなくすぐったい体験もしなくてすむ。

 

無駄話も一切ないのがいい。床屋であれこれきかれたり話を合わせなくてはいけないのは、本当に辛い。浪人生の頃はほとんど顔が引きつりながら床屋にいってたなあ。それだけで、床屋に行きたい気持ちが89%ぐらい萎えた。不登校の子ども達が髪を切らない理由がよくわかる。

 

 髪型はかなりださくなるけれど、まあもうそんなの気にする年齢でもない。それよりもきちんと清潔にすることのほうが大事だろう。

 

そんなわけでこれからも僕は1000円カットを利用し続けると思う