FakePlasticTree

ひびのいろいろ

小さいけれど、専門的ニーズのあるお店はやっぱり生き残ってゆく

ブロンプトンが故障してしまった。バックキャリアのネジが一部取れてしまったのだ。それによってブロンプトンを折りたたんだ時持ち上げようとすると、固定されずバラバラになってしまう。

一部電車通勤の自分にこれは非常に痛い。部品を取り寄せて自分で修理すれば良いだけの話かもしれないが、該当するバックキャリアはショップオリジナルの特殊な部品なので商品をネットで検索してもでてこないし、その店に行くしかない。しかもその店は自宅からも職場からもちょっと離れた場所なので気軽にいくことが中々出来ない。

しかし自転車がないと通勤に直接影響がでてしまうので昨日、無理矢理そのお店に行ってきた。

結局店頭にも部品の在庫がなくて取り寄せてもらうことになり、泣く泣く当日は帰宅。しかし行ったついでに調子の悪かったギアであるとかその他諸々の調整を店員さんにして貰った。店員さんの手際は良く、作業を間近で見るだけで凄く勉強になる。どういうところを普段メンテナンスすれば良いのかがわかるのだ。修理している間にも色々な話を聞けるのも良い。

PC160286.JPG

こういう経験をするとやっぱり自転車は通販で買うのではなくて絶対に店頭で購入すべきだよなあと感じる。

ブロンプトンのようなマイナーな製品だと特にそう。今はAmazonや楽天でなんでも購入できてしまう時代になった。しかし小さいお店でもこんなニッチな商品を専門的に扱っているとネットの量販店に負けない素敵なお店になることができるし、こういうお店はこれからも生き残って行くんだろう。

ブロンプトンは暫く我慢の時期であるけれど、めげずにがんばろう。