FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【映画】ハロルドとモード

 人生に対して悪い意味で半ば諦めてしまったかのような、老人のような少年と、少年/少女のような“こころ”をもった老婆との物語。少年は人前で自殺のパフォーマンスを繰り返す。映画の冒頭からして首つりのシーンで始まる。

この少年「ハロルド」の寂しい、自分自身に対してあざ笑うかような笑顔は、視ていて切なくなる。またハロルドは他人の葬式に出るのが趣味。そして同じような趣味をもつ老婆と出会う。ちなみにこの「ハロルド」の愛車はジャーガーの霊柩車^_^;。

 そして老婆”モード”がとってもチャーミングで可愛い。この二人の不思議な関係がなんともコミカルで心地良い。僕が好きなのは、映画の最後にハロルドがバンジョーを弾きながらスキップをしてゆくところ。妙に吹っ切れた感じ明るい感じがとても良い。

 最後に映画全編を通して流れる音楽(キャット・スティーヴンス?)がこれまた素晴らしく、映像に花を添えている。時々こういう作品に出会えるからこそ映画って素晴らしいんだよな。