FakePlasticTree

ひびのいろいろ

第2巻も圧倒的に素晴らしい 宇宙戦艦ヤマト2199

 

第2巻も素晴らしいできばえ

 『宇宙戦艦YAMATO 2199』の第2巻。第1巻も素晴らしかったが、この第2巻も1巻で高まった大きな期待に充分こたえてくれるできばえであった。地球人は今まで一方的に ガミラス からやられっぱなしであった。しかしこの巻から徐々にヤマトの反撃が始まる。

まずはじめに波動砲で 木星にあるガミラスの人工浮遊大陸 を吹っ飛ばしてしまう。 その恐ろしい攻撃力は 敵だけでなく、YAMATOの乗組員でさえ一瞬たじろいでしまうほど。

その後も戦闘シーンの連続。戦闘シーンは男子の心をくすぐるような演出の連続。最後には遊星爆弾の発射基地を見事に壊滅に追い込む。

 戦闘機の離発着の仕方、カメラワーク全てが格好いい。旧日本海軍、独特の言い回しな言い回しも使われている。思わず胸が高鳴りなんとも言えない高揚感で満たされる。小学校の頃良くやっていた コスモタイガーごっこ とか ヤマトごっこ。そんな気持ちを思わず思い出してしまう。素晴らしい演出だ。

敵軍の人間描写も素晴らしい

 敵であるガミラスには階級社会があり、一等ガミラス人(もちろんデスラーはこっちに入る)と二等ガミラス人に階級が二分される。二等ガミラス人とはガミラスにより滅ぼされた惑星の種属であり、地球を攻撃しているのは主にこの二等ガミラス人ということになっている。ガミラスはただの悪役という訳ではなく、二等ガミラス人ならではの切なさや悔しさなど 細かい描写も良く描かれている。デスラー総統は本巻の後半部分からしっかりと登場してくれる。ワインのようなものを飲みながら邪悪に微笑む姿は相変わらず格好いい。

もうその物語、演出すべてが感動的に素晴らしいそんなアニメ!