FakePlasticTree

ひびのいろいろ

僕は何歳まで働き続けるのだろう。

先日WSJに載っていたニュース

70歳まで働いても足りない時代 - WSJ日本版 - jp.WSJ.comh"はてなブックマーク

高齢になって働き続けるのは必ずしも悪いことではない

僕は結局何歳まで働き続けるんだろう。もしクビにならないとすれば、65歳までは働き続けたい。そしてできれば死ぬ直前まで何らかの形で働き続けることができれば、幸せだなと思う。

 今の職場に固執するつもりもない。そういう立場にある時に、①.次世代の仕事をとらない ②.組織の労働生産性を圧迫しない ③.次世代を育てる何らかの仕事をする ことができればと思う。特に意識しないと、いわゆる老害になりそうなので自分の胆に命じておこう。

だから、老後を働かず、自分の趣味だけで過ごすというのはどうも僕にはピンとこない。70歳を超えて働くという状況は少なくとも僕にとっては悲劇でもなんでもない。

どうやって健康な体で生きるか

 「8時間労働に耐えれるぐらいの体とこころの健康」をある年齢までどうやって維持してゆくか、のほうが大事なんだと思う。

働けない健康状態でかつ、財政的な状況も苦しいのでは辛い。そのためには今のうちから食生活を含めて考え直さなきゃいけない時期なのかも。運動ももうちょっと頻度を増やしてやらないといけないし、睡眠時間をもっと確保するようにしなきゃ。元気なうちに犠牲にしているものは実はこの先を考えると非常に大切なものが多い。