FakePlasticTree

ひびのいろいろ

地元の神社のお祭りへ子ども達と

IMG 1886 001

仕事の合間をぬって家族でお祭りに行った。

地元の神社の夏の終わりのお祭り。

夏の終わりとうのは少し寂しい気分。宿題も期限が迫ってくるし色々憂鬱になることが多い時期。そんな時期にお祭りがあると、ちょっと気分が持ち直せる。やっぱり夏の終わりにあるのも意味があるもんなんだろう。

隣町の高円寺では今日明日と「高円寺の阿波踊り」がある。こちらは凄い規模でやっていて来場者が何万人もくる。

そんなのも良いけれど、地元の小さな街で同級生とすれ違う可能性が高いアットホームなのが僕は好きだ。

IMG 1878 001

小学校の頃は同級生に会えるかもとドキドキしながら両親から貰った小銭を握りしめて神社へ向かった。非日常の空間が妙に気分を高ぶらせて、余計な食べ物やらくじやらに沢山散財した。祭りが終わると「なんでこんな物にお金を使っちゃったんだろう」とひたすら後悔していた。

僕の子ども達も、金魚すくい、たこ焼き、くじ、綿飴などにお金を使っていた。まだ小さくて親と一緒じゃあないとこれない年齢だけどあと2–3年もすれば、同級生の子ども達と一緒に行くようになるんだろう。ちょっと寂しいけれど逆にそうでなくちゃ困るよな。

金魚すくいで取ってきた金魚は今日になって半分くらい死んでしまって、自宅にはくじで当たったどうでもいいオモチャがひっそりとおいてある。朝になってそういった現実に直面するのも祭りという 非日常の活動の一部なんだ。