FakePlasticTree

ひびのいろいろ

朝のラジオ体操

昨日は凄い土砂降り、8月7日は暦の上では立秋。心なしか、朝の日差しが若干弱くなったような気がするのは錯覚なんだろうか。

しかし、痛いような差し込んで直接皮膚を攻撃してくるような日差しは少なくとも早朝はなくなったかな。

なんだかんだで、今年の夏もやっぱり熱かった。

どうせ夏なら中途半端な気候より思いっきり夏らしい気候のほうが分かりやすくて良いのはたしか。

 しかし年齢とともに、日中外にいる時間が長いと自分の体が火照ってきて、それが長く持続するようになった。若い頃にはなかったような体の変化だ。体温調節機能も歳とともに弱ってきているのだと思う。色々体の無理がきかなくなってきた。哀しいけれどしようがない、諦めるしかないんだと自分に言い聞かせる。

P8050016.JPG

 

 夏(夏休み)といえば、朝のラジオ体操。小学生の頃にはせっせと僕も通った。正確にいうと通ったふりをしていた。通う途中で友だちと遊んだり公園で寝ていたりしたこともあった。なんというダメな子どもだろうと我ながら情けない。兎に角、だらしないだったのだ。

その一方で僕の子ども達は母親とせっせと通い皆勤賞をとった。そのおまけにお菓子までもらったらしい。はじめは半べそをかきながら、眠くてほぼ半狂乱になりながら・・。でもなんとか通った。朝のラジオ体操を始めて一週間ぐらいたってから生活のリズムも朝型になり、夜もしっかりと 9時前には寝るようになった。半狂乱になることもなくなった。

3人の子ども達が僕にそのスタンプカードを誇らしげに見せてくる。親として嬉しいものの、自分のダメな過去と比較して少し後ろめたい。しかし、親としてちょっと嬉しいかなやっぱり。

子ども達、がんばったよな、うん。