FakePlasticTree

ひびのいろいろ

ついにAndroidを使ってみた

P8040001.JPG

iPhoneと併用してAndroid端末を購入した。

購入したのはAUから出ているHTC-J ISW13HTという機種

OSの完成度はiOSが圧倒的

やはり実感するのはiPhoneつまりiOSの圧倒的な完成度。おそらく機種の処理速度ではそれほど大差ないか、Android端末のほうが勝っている部分もあるのかなと感じる。

しかし、使っていて圧倒的にiPhoneのほうが使い易く、人間の根源的な感覚に訴える気がする。

例えば、文字入力。自分のAndroid端末はATOKをOSベースでインストールしている。なのでそうでないiPhoneと比較して文字入力もしやすいはず。と思っていた。Android端末は液晶画面を押した時にバイブも働く仕組みになっているので、感覚的にも使い易いのだろうなと考えていた。

しかし実際は全く逆でAndroidのほうが文字入力にストレスが溜まる。ちょっとしたToDoでテキストを入力する際にもAndroidだとためらわれるが、iPhoneだとそれがない。


こういうことは仕事の生産性に非常に大きく影響すると思う。

iPhonenにはとにかく使っていて快適だと思わせる要素があるのだと思う。そしてそれは極めてアナログ的な感覚。遥か昔、Newtonを使っていて感じたような、アナログ感がちゃんと生きているなだと思う。

所詮Androidは人工生物的なアンドロイド的でサイボーグ的なのだ

しかし、おさいふケータイはやっぱり便利

ただ、iPhoneがどうしても今の所勝てない部分がある。

それはデザリングおさいふケータイ

僕がAndroidを導入した理由もこれにつきる。この二つはやっぱり便利。電車の中ではMacBookAirを使用するのでデザリングは必須だし、定期券を利用している身分としてはモバイルSuicaもかなり有用。

特にポイントカードを一括してまとめられるのが良い。

ただ結局それら意外の用途にはiPhoneしか使っていないのが現状。やはりiPhoneは唯一無二の存在だと深く実感した。