FakePlasticTree

ひびのいろいろ

文房具は自腹でそろえるに限る #.192

桜

 僕は凄く忘れもの、落とし物が多い。不注意といえばそれまでのことだけれど、それで何度も失敗をしている。財布を落としてクレジット会社に連絡しまくったのは1度や2度ではないし、小学校の頃はいつだって忘れ物チャンピオンだった。提出物を出すのが苦手で通知表は目も当てられないありさま。

 

 それもメモをたくさんとりまくってPDA(古い言い方だけど)を使いまくるようにしたら、少し不注意は落ち着いてきたような気がする。といってもまだまだ普通の人と比較したら不注意だし、うっかりなのはかわらない。

 仕事を始めてからも常に自分の不注意ととなり合わせ。それを意識しながら仕事をしてゆくしかなかった。

今、身の回りでいちばんなくしやすいもの、それはボールペン

そんな僕だから仕事をしていても忘れ物は多い。一番困るのは筆記用具。特にボールペンは本当に良くどっかにいってしまっていた。

基本的に僕の職場ではボールペンは試供品を貰えることになっている。しかし新しいボールペンを頂いても2日と自分の手元には確認が取れず。結局また新しい試供品を使うということの繰り返し。

 特に当直の時などや急ぎの仕事が急に入ってしまった時などは、あまり筆記具のことなどには気持ちがむかずほぼ100%の確率でどっかへやってしまっていた。

 なので、いつになっても自分のボールペンは固定せず、愛着もわかない。

結局自腹を切らないと大切にしない

Medium 6140107178
photo credit: mallol via photopin cc

 結局自腹を切って物を持たないと、大切に物を扱わないし、愛着もわかない。なので、数年前から仕事上の書類には万年筆を使うようにしている。自分のお気に入りは Lamy 2000のL01-Mという中くらいの太さの物を使用するようにしている。

 値段は少し高い。けれどこの万年筆の書き味、もった時の「ざらっと」した感触が大好き。もうかれころ5年ぐらいメインの筆記具として使用している。悲しいかな、やっぱり不注意なので1回派手に落としてしまいペン先が大胆に折れ曲がって、もう一本買うことになってしまった^_^;

 あまりにもこの万年筆のさわり心地が好きなので Lamy 2000の4色ボールペン(たぶんこっちのほうがメジャーなのかな)も一緒に使うようにしている。Lamy2000の4色ボールペンは標準のリフィルがイマイチなのでリフィルを交換して使っている。

結局こんな感じで自腹で筆記具をそろえるようにしたら、筆記具に関してはそれほどなくしたりということはなくなった。まあ、その他の場面で不注意に苦しむことは多いけれど。