FakePlasticTree

ひびのいろいろ

Unisonic !!!! #.191

HalloweenとPink Cream 69というドイツのバンド

 僕にとって、Halloweenといえば、ドイツのパワーメタルバンド。『守護神伝 part1』がリリースされた時は高校に入って間もない頃。マイケル・キスクがVocalとして加入して初めてのアルバム。伸びやかで、太くそしてくどすぎないVocalに圧倒され続いて出た『守護神伝 第2章』で完全にノックアウト。

 特に“March of time”、“Eagle fly free”なんて, 本当に伸びやかで空にも登るような気持ちになった。入浴中に大きな声で「March of time」を歌っていて親に怒られたこともあったな.それくらい覚えやすくて、カッコ良いメタルバンドだった。

Pink Cream69 はそれよりちょっと後に登場した(と思われる)ドイツのバンド。ギターリフがカッコ良く、Vocalの高音だけど、太く哀愁を帯びた声でやっぱり大好きなバンドだった。

スーパーメロディック!なメタル・サウンド

その二つのバンドが合体した新しいバンドが『Unisonic』。特にHalloweenの初期のメンバーであるカイ・ハンセンとマイケル・キスクが再び同じバンドで活動するなんて夢みたい。何気なく立ち寄った本屋で読んだ雑誌(もちろんBURRN!)のレビューでその存在を知り、その場でItunesでゲット

初期Halloweenとは少し赴きが違って、HeavyMetalというよりHardRockという感じ。ボーカル主体でメロディアス。マイケル・キスクを全面に押し出した楽曲。やっぱりいいわあ、マイケル・キスクの声は。すんばらしい。

△ちょっとルックス的には時代の経過を感じさせるものになっていて、若干の寂しさはありますな^_^;

アルバム全部の曲が良いと言うわけではないけれど、それでもこの組み合わせでバンドをやってくれるだけで僕は満足。

JudasPriestのライブに行って以来、再びこういう濃ゆい音楽にはまってきたところなので、ツボにはまりまくり。良いアルバムです!

ユニソニック

ちょっと調べたら、ライブを日本で秋にやるみたい。時間があったら行きたいな。

AVALON online. - show index page.h"はてなブックマーク