FakePlasticTree

ひびのいろいろ

74.NHKスペシャル

昨日も外来だけで、1日が終了してしまった。比較的自分が自由にできる時間は朝の1〜2時間だけ。外来日には朝から昼休みなしで外来。終了するのは夜の21時頃。それから書類の整理やら、雑用やらを片付けているとあっという間に時間は過ぎていく。家に帰ると寝るしかないような生活。それでも20〜30代の頃に比べて遥かに時間は作れるようになった。自分の裁量で時間を調節できるのは大きい。昔は全て人の予定に合わせるような感じだった。まあ、医療従事者なので基本的には変わりなく、他人優先で今もやっているとは思うけれど。

自由に出来る朝の時間をいかに有効に使うか、いかに夜に無駄なことをやらないかというのが自分の今の課題だ。自宅に帰ってテレビなんかを見るとあっというまに時間が過ぎ去ってしまう。

こんなことを書いておいてあれだけど、昨日も先週末に放映していたNHKスペシャルの’’戦争の証言’シリーズを見てしまった。最近はテレビは見ていないけれど、NHKスペシャルだけはどうしても見たい番組がちらほらと出てくる。特に戦争ドキュメンタリーは面白い。太平洋戦争から70年も経っているんだ。証言者として立っている人達は全て80代後半から90代の方々。全ての方々がそんな年齢とは思えないほど、背筋がびしっとしていて何か神々しささえ感じるような雰囲気。修羅場を通って来た人達は違う。少し前にやった戦争ドキュメンタリー(”何故日本人は戦争を選んだのか”という番組だったかな?)とはまた違った雰囲気で色々考えさせられることが多い番組だった。

死んだ僕の祖父も軍人だった。しかし戦争の話は一切聞いたことがないし、話そうとしたこともなかったと思う。きっと色々な想いを抱えていたんだろうな。

というわけで今日も寝不足。