FakePlasticTree

ひびのいろいろ

自転車NAVIとそのデータ記録

Brompton M6L + Garmin Edge 800J


昨日は約片道30Kmの職場まで自転車通勤。

今までとちょっと違う道をGarminのナビ任せで行ってみた。そしてドキドキしながらも何とか達成!。

いつもと違う道、いつもと違うお店。いつもと違う、ルーティンじゃないことをするのは楽しい!!。

自転車ナビはiPhoneも使用しているんだけど、両方を比較すると良い所がそれぞれあります。

iPhoneのナビは圧倒的に見やすいが・・・

 iPhoneの自転車ナビは色々出ている。標準の地図アプリでも経路検索してくれるし、自転車NAVIというソフトもあったな。いずれにしろiPhoneのナビは画面が大きいという利点もあって圧倒的に見やすい。GPSの補足が早いのも良い。走った後のデーター処理などもRunKeeperなどを使えばほとんど手がかからず、Webと同期してくれるので非常に楽でかつ楽しい。

 しかし晴れの日のiPhoneの画面はやや見づらい。そして自転車にiPhoneをつけて落とした時の心理的・経済的ダメージを考えるとどうもiPhoneを自転車にとりつけるのは気が乗らない。バッテリーの残量を常に気にしなければならないという心理的負荷もある。生活防水でもないので、小雨程度の雨でも非常に気を遣う。何よりも困っちゃうのは進行方向がわかりずらいということだ。これが道に迷う一番の原因となる。

ナビの精度ではまだまだGarminに軍配があがる

 それに対してGarmi(僕が使っているのは Garmin Edge 800Jという自転車専用のNAVI)nは防水で作りも頑丈なので、安心できる。GPS補足は遅いものの、GPS精度は正確。そしてルート検索もしっかりしている。僕はGarminが見つけてくれるルートの道路のほうが走りやすい。スピードセンサーがついてるので、速度が正確に見れるのも良い点だし、楽しい。液晶は晴れの日でも見やすい。

 しかし走った後の走行データの処理がめんどくさい。パソコンにUSB接続して専用のソフトを立ち上げてデーターをインポートしなければならない。たったこれだけの操作だけど、iPhoneと比較すると圧倒的に手間がかかる。一手間かかると結局その記録は取らなくなっちゃうんだよな自分の場合。

結局は両方を使用することに

結局は一長一短でGarminを自転車に装着して、iPhoneアプリのRunkeeperを鞄やポッケに入れて記録を残しようにしているのが今の現状。

いずれiPhoneの性能がアップしてくれれば1つの機器に統一ができるんだろうけど、今のままでも十分に楽しいです。

RunKeeper 2.4.8.0(無料)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ
販売元: FitnessKeeper, Inc. - RunKeeper, LLC(サイズ: 10.5 MB)


自転車NAVITIME - GPSサイクリングナビゲーション 1.2.0(¥350)App
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: NAVITIME JAPAN CO.,LTD. - NAVITIME JAPAN CO.,LTD.(サイズ: 3 MB)