FakePlasticTree

ひびのいろいろ

セミナー

土曜日からの当直明け。今日はある学術セミナーへ行ってきた。

今の自分の専門分野とは微妙に分野がずれるセミナーだ。従って普段あまり接することのない人達が参加する。そして色々な分野の人が関わっている分野なのでそれだけ刺激が多いのだ。1つの疾患(事象)をこれだけ様々な分野から見れる分野はそうはないだろう。

当直明けということもあり、はっきりいって体はかなりきつかったのだけれども自分的にはかなり刺激になった。大体セミナーというものは自分が思うにその内容自体が直接臨床に役に立つということはない。そこから受ける刺激で勉強に対してのモチベーションをもらうという意味合いが強いと思うのだ。

そういった意味では今回のセミナーは非常に有用だった。