FakePlasticTree

ひびのいろいろ

ありがとうジョブス!

僕が初めてもったパソコンは中古のQuadra800だった。そして初めて手にしたノートブックはこれまた中古のPowerBook170。初めてのPDAもNEWTONだった。パフォーマ全盛の頃からMacから少しずつ離れ、VAIO一辺倒に。iPhoneの登場とともにミーハー全開でMacに返り咲くという、ある意味典型的なMac人生。

ジョブスがアップルに返り咲いた当時、絶対アップルの再建なんて無理だろうと思っていた。ジョブスはそんな予測を見事に裏切ってくれた。

それまでのアップルは本当にガタガタ。まとまりのない商品が拡散し、在庫状況も一定しない。新商品がやっと発送されたと思ったら、次の製品が発売されるなんてことも。OSも安定せず、爆弾マークがMacの画面に出現する度に、何回パソコンを怖そうと思ったか。iPadやiPhone、iTunesなどの革新的製品(サービス)が注目されがちだけど、ジョブスが復帰してこういった部分が大幅に改善した。そして安心してアップル製品を購入する動機になっていた。

そうはいっても最近のiPhoneやiPadなどのアップルの新製品もしくは新サービスの発表には心躍らせた。ここ数年で間違いなく心が「わくわく」する体験を提供してくれた一番の人物。21世紀を間違いなく代表する人物が表舞台から去る。なんとも言えず寂しいけれど、ここ数年のやつれ具合を見ると言葉を失うばかり。偉そうなことは言えないけれど、ゆっくりと休んで残りの人生を謳歌して欲しい。

一時代の終わり。そしてまた新たな時代へと入るんだろう。新たなカリスマがこの業界で出現するのかな。

それも楽しみだけど、今は ただただ 「ジョブス。ありがとう。」