FakePlasticTree

ひびのいろいろ

書評

【書評】メンタライゼーションでガイドする外傷的育ちの克服

メンタライゼーションでガイドする外傷的育ちの克服崔炯仁星和書店 ( 2016-11-19 )FakePlasticTreeで詳細を見る メンタライゼーションは確か昔にちょっとだけ勉強したことがあった。一時期日本でもブームであったからだ。丁度十年ぐらい前だったかな。 その…

モバイルボヘミアン

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには本田直之, 四角大輔ライツ社 ( 2017-04-14 )ISBN: 9784909044020FakePlasticTreeで詳細を見る この書籍は以下のような思想が流れていると知っただけで信頼に値するものだと確信した。 謙虚な気持ちで、愚直…

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠西野精治サンマーク出版 ( 2017-02-28 )ISBN: 9784763136015FakePlasticTreeで詳細を見る この書籍は非常に売れているらしい。それも納得できる。 睡眠関連の書籍というとどうしても早起きの素晴らしさとか、規則正しく生活する…

BlueGiant !

少年漫画は昔から数多く読んできた。友達の家で、勉強をするふりをしながら、トイレの中で、そして日曜日のいる下がりなどなど数多くの場所と時間で名作を読破してきた。ネットなど存在しなかったから他に暇を潰す時間がなかった。ファミリーコンピューター…

【書評】ルポ 児童相談所

児童相談所に良いイメージを抱く人は少ない。 子どもの虐待のニュースが流れるときに真っ先に非難されるのは加害者である親と児童相談所の体制であることが多い。人々は分かりやすい構造を好む。そのほうが心が落ち着くからだ。 しかし児童相談所がいったい…

【書評】世界史としての日本史

歴史はとにかく面白い。かといって本格的な歴史書を読むのは気が重い。そして時間がかかる。だから自分はどうしても新書などで表面的なものに触れることが多い。時間があれば・・・というのは単に言い訳に過ぎないのは分かっているけれどやっぱり時間がない…

【書評】鬼畜の家

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち石井 光太新潮社 ( 2016-08-18 )ISBN: 9784103054566FakePlasticTreeで詳細を見る 「暗澹たる」とはこういうことかも知れない。事件の発覚時にはかなりマスコミを賑わせた児童虐待に関する3つの事件についてのノンフィクション…

自己愛の書籍

人間の自己愛というのは不思議な感情だと思う。人間特有のものと言ってもよいかもしれない。これがなければ生きることはできない。そしてこれがなければ成し遂げられないものもある。しかし自身の心に潜む悪魔のようなもので上手に飼い慣らさなければあっと…

新幹線で100万円の女

1月下旬ぐらいから、うっすらと頭がぼんやりとする。そこはかとない身体の怠さ、全身倦怠感。掻きむしる程にはならない程度の目の痒み。きっと前髪が少し伸びただけの理由ではないような気がする。花粉が少しづつ飛散しているんだろう。あっという間に春がくる…

村西とおる監督の半生記

今年の紅白はなんだかモヤモヤした 今年は仕事先から紅白歌合戦を見ることにした。仕事の合間に少し見よう、と考えていた。 元々、生まれ育った家族文化の中には紅白歌合戦を見るという文化はない。 しかし何年か前の紅白歌合戦を見てから僕はその虜になってし…

つぶやきシローの物語

私はいったい、何と闘っているのかつぶやきシロー小学館 ( 2016-10-26 )ISBN: 9784093864510FakePlasticTreeで詳細を見る 意外な人が小説を書いていた。ひょっとすると結構有名だったのかも知れない。その人は”つぶやきシロー”氏だ。細かい人物描写と心の動…

今年読んだ書籍

2016年は自分にとって少し忙しい年だった。慌ただしい年だったといってもよいかもしれない。かと言って業績があったか? というとそういうこともなかった。心に余裕がなく中々読書も進まなかった。心に余裕がないとどうしても仕事中心の読書になるなあと思っ…

2016年の最後に良い書籍と出会えた

良い書籍というのは読んだ後もずっとその内容が頭から離れることがない。 いろいろ空想が広がって頭の中に残り続ける。この書籍もそうだった。 勝ち続ける意志力 (小学館101新書)梅原 大吾小学館 ( 2012-04-02 )ISBN: 9784098251322FakePlasticTreeで詳細を…

梅原氏の対談本

格闘ゲームはほとんど興味がない。ストリートファイターの初代がブームになった頃、人だかりの奧から他人のプレイを見ていただけだ。およそ反射神経がまったく良いとはいえないので、手が出せなかった。ゲームセンターでプレイをしているといきなり参戦されて…

【書評】くも漫

くも漫。 (torch comics)中川学リイド社 ( 2015-08-11 )ISBN: 9784845844135FakePlasticTreeで詳細を見る 急性クモ膜下出血。名前の通り急性に発症し、場合によっては生死に関わる病気。若年発症の場合も少なくない。 本書はある日突然に急性クモ膜下出血に罹…

こんな時代だからこそ_【書評】劇画ヒットラー

他の多くの世界中の人々と同じようにびっくりした。勿論それは先週の選挙の結果のことだ。他国の選挙でこれほど固唾を呑んで見守ったものはないだろう。そして歴史が動くとはこんなことなんだな。と漠然と思った。だから人間の歴史は面白い。誰もが[まずい…

【書評】総理

総理山口 敬之幻冬舎 ( 2016-06-09 )ISBN: 9784344029606FakePlasticTreeで詳細を見る 阿部総理の書籍を読んだ。最近で言うともっともアクの強い日本の総理だ。小泉純一郎も凄かったが、アンチの多さでいったら安倍首相のほうが上ではなかろうか。 約束の日 …

東条英機―大日本帝国に殉じた男

東条英機―大日本帝国に殉じた男 (PHP文庫)松田 十刻PHP研究所 ( 2002-08 )ISBN: 9784569577883FakePlasticTreeで詳細を見る 日本史の中で完全に悪者扱いされている人物は何人か存在する。個人的にぱっと思いつくのは「田沼意次」と「東条英機」。たぶん他に…

ヒトラー 最後の12日間

ヒトラーの最後の12日間。 ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-rayブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, ユリアーネ・ケーラー, トーマス・クレッチマンTCエンタテインメント ( 2012-09-05 )FakePlasticTreeで詳細を見る 以前から見たいなと考えていた…

黙示録 カラーで見る第1次世界大戦

黙示録:カラーで見る第一次世界大戦|番組紹介|ナショナル ジオグラフィックチャンネル Amazonプライム会員になって得したことの五本指に入るかもしれない。それほどにこのドキュメンタリーは素晴らしかった。第1次世界大戦をカラー映像で振り返るドキュメ…

百万円の女たち

青野氏の作品といえば「まだ俺は本気出してないだけ」になるんだろう。何せ映画化までされた作品だ。しかし個人的には「五反田物語」とか、「スラップスティック」など他にも良い作品は沢山ある。少なくとも僕が読んだ作品の中ではひとつも外れがない。 絵は…

裸の華

裸の華桜木 紫乃集英社 ( 2016-06-24 )ISBN: 9784087716658FakePlasticTreeで詳細を見る 桜木紫乃の小説(物語)は自分自身の心が荒んだ時に進んで読み始める。開いた心の傷口にそっと優しく染み入り、そして包み込んでくれるようなそんな感覚を味わうことがで…

キングダム43巻

キングダム 43 (ヤングジャンプコミックス)原 泰久集英社 ( 2016-07-19 )ISBN: 9784088904719FakePlasticTreeで詳細を見る 今回も当然の如く購入をしてしまった。キングダム。もう43巻にもなった。テンションがMax上がりっぱなしのストーリー。この巻も抜群…

慟哭の海峡

慟哭の海峡門田 隆将KADOKAWA/角川書店 ( 2014-10-09 )ISBN: 9784041021538FakePlasticTreeで詳細を見る 門田氏のノンフィクションを読むのは何冊目だろう。 本屋を覗き、門田氏の名前が目にとまるたびにそれを購入している。今まで読ませてもらった作品の中…

変光星

変光星──ある自閉症者の少女期の回想森口 奈緒美遠見書房 ( 2014-07-01 )ISBN: 9784904536735FakePlasticTreeで詳細を見る 夏休みに読了した書籍。確か購入したのは学会会場であった。1年前だったと思う。ずっと積ん読された書籍の中に混じっていて読む機会…

子どもを殺してくだいという親たち

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)押川 剛新潮社 ( 2015-06-26 )ISBN: 9784101267616FakePlasticTreeで詳細を見る 著者は精神障害者移送サービスを職業にしている。患者の家族と精神科の家族の橋渡しをするような存在。そんな著者が描くノン…

医師の感情

医師の感情: 「平静の心」がゆれるときDanielle Ofri医学書院 ( 2016-05-30 )ISBN: 9784260025034FakePlasticTreeで詳細を見る 医師として生きてゆくことは恐れと共に生きてゆくということであり、恐れはその生活の一部となるのだ (P162) 幻聴か幻覚が分から…

ゴールデンゴールド

刻々という漫画はここ数年に発表されたサスペンスSF漫画の中でも群を抜いて出来が良かった。SFサスペンスというカテゴリーを取っ払っても非常に出来の良い作品であった。漫画としての分量(ストーリーの長さ)も適量。人気漫画にありがちな間延びした展開な…

大人はもっと遊びなさい

齢四十を過ぎて少し意識していることがある。それはちょっとだけ積極的に遊んでみるということ。 二十代や三十代の時はそれが出来なかった。学生の前半は全く勉強などせずに自分の好きなことに明け暮れていた。学年が進むにつれそれは出来なくなった。要領が…

【書評】不運と思うな。大人の流儀6

不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life伊集院 静講談社 ( 2016-07-05 )ISBN: 9784062201575FakePlasticTreeで詳細を見る こんな大人になれたらかっこよいなあ。もちろん本作の著者である伊集院静氏のことだ。 何気なく立ち寄った東中野の駅ビルの…