読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FakePlasticTree

ひびのいろいろ

【書評】世界史としての日本史

書評

歴史はとにかく面白い。かといって本格的な歴史書を読むのは気が重い。そして時間がかかる。だから自分はどうしても新書などで表面的なものに触れることが多い。時間があれば・・・というのは単に言い訳に過ぎないのは分かっているけれどやっぱり時間がない。

www.yoshitaka4729.com

半藤氏はこの幕末史から知って以降ファンになった作家である。歴史の詳細を分かり易く、系統だてて解説してくれる。どの氏のどの作品も素晴らしい。この「幕末史」と何冊か分冊になっている「昭和史」は別格に面白い。

世界史としての日本史 (小学館新書)
半藤 一利, 出口 治明
小学館 ( 2016-08-01 )
ISBN: 9784098252800

その半藤氏とライフネット生命保険の出口氏の対談本を読んだ。ライフネット生命保険は自分自身がお世話になっている会社。その社長は歴史家といってもよいほどに歴史に造詣が深い。特に世界史についての書籍を数多く執筆している。

そんな2人の対談がつまらない訳がない。やっぱり抜群に面白かった。

本書の初めにある一文が強烈だった。

自国は特別であるという意識は実は東アジアの各国に特徴的な現象で、その底流にあるのが「中華思想」だと僕は思っています (P20)

当たり前というか、言われてみれば当然なのだけれど、日本人も含めて(そう、僕も含めて)そうなんだよなな。 日本が第二次世界大戦で敗戦した理由についても良く書かれている。理由としては第一次世界大戦を肌で実感していなかったこと、経済感覚が軍人に欠けていたことなど。

歴史とは関係ないが、終盤で出てくるこの台詞にもハッとさせられる。

今までは体力の再生産だけで良かったのが、これからは知的能力の再生産が必要になってくる。寝る間を惜しんで長時間働いていたら勉強する暇がない、バカンスがなければ勉強する暇がないのです。 (P237)

そうなんだよな。勉強しないと。頑張るだけでは駄目なんだ。そして嬉しいことに本書はオススメの歴史書を数多く紹介してくれている。値段が効果なものも多いけれど、どれも面白そうなものばかり。

【書評】鬼畜の家

書評
「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち
石井 光太
新潮社 ( 2016-08-18 )
ISBN: 9784103054566

「暗澹たる」とはこういうことかも知れない。事件の発覚時にはかなりマスコミを賑わせた児童虐待に関する3つの事件についてのノンフィクション。いずれの事件も被害者である子どもは死亡している。その保護者を成育歴から丁寧に取材した作品だ

事件発覚当時は大層マスコミで話題になった事件だ。自分の頭の中からはその記憶はすっかり抜けていた。マスコミも初めこそ大騒ぎ出会ったがその後の経過についてはよく知らなかった。そしてどのような生活背景でこのような事件が起こったかも知らなかった。もちろん詳細な犯人の成育歴も分からなかった。

www.yoshitaka4729.com

この種のノンフィクションはそういったことを明らかにしてくれるという意味で意義深い。石井光太氏は震災後の遺体安置所を扱ったノンフィクションで名高く(確か映画化もされた)、その文章には誠実さと説得力がある。素晴らしいノンフィクション作家だと思う。

人間が人間としている限り悲しいけれどこの種の事件はなくなることはないだろう。とするならば制度(システム)で守ってゆくしかない。それを実感した書籍だった。 全ての大人が読む価値のある書籍だと僕は思う。

盛岡へ

遠く北の盛岡へ。 小規模の勉強会たった。

何しろ寒かった。しかし食事は美味しく、人は温かかった。

日本には知るべき人物が沢山いる

と実感。自分も頑張らなければ

自己愛の書籍

書評

人間の自己愛というのは不思議な感情だと思う。人間特有のものと言ってもよいかもしれない。これがなければ生きることはできない。そしてこれがなければ成し遂げられないものもある。しかし自身の心に潜む悪魔のようなもので上手に飼い慣らさなければあっという間に飲み込まれてしまう。

自分の感情を扱わなければいけないこと生業としている自分にとってこれほど興味深いものはない。実際多くの臨床理論がこの感情(?)を取り扱っている。 佐藤氏が尋常ではないと考えるのはこの「自己愛」をテーマに書籍を記したことだ。自体の流れを読んでそれを言葉にする能力は素晴らしい。

内容は氏の書籍にしては衝撃的ではない。対談も少し奧が浅い。しかし人選は特筆に値する。しかも読みやすい。

【書評】自己愛人間 - FakePlasticTree

自己愛を取り扱った書籍のうちでは正直この書籍がベストだと個人的には感ずる。 もう今から何年も前に書かれた書籍だ。

時代は流れて自己愛増幅装置といっても良いSNSが登場した。本書(佐藤氏の書籍)の対談でその話題が繰り返し取り上げられてもいる。

やはり現代は自己愛の時代なのだと思う。

阿佐ヶ谷

日常

親子3世代に渡って集まり食事。

阿佐ヶ谷という街は自分の10代前半の思い出が集積している場所。ここの商店街界隈で友と多くの時を過ごした。

通った中学はもう跡形もなくなって市役所と一体化した。そうなってからもう30年以上経過した。あの頃は街を歩けば必ず顔見知りの誰かと遭遇したのに今は誰にも会わない。

街の規模も随分小さく感じる。

この洋食屋は中学生の頃、開店して直ぐの頃に連れて行ってもらったのだった。その時のマスターから2代目。若くて初々しかった2代目も随分と歳をとってカッコ良くなった

永福町のピザ屋で日曜日夕方。

グルメ 日常

平均寿命の半分が過ぎ、時々ふく風邪の冷たさが頭皮にやけに鋭敏に感じられるようになる年齢になってきた。

そんな年齢になると、自分なりに結構色々なことを体験してきたよなぁと思う。そしてそれは自分の周囲の人々にとっても同じだ。

同い年に生まれた仕事仲間との語らい。

仕事仲間というよりか戦友に近いかもしれない。 世の中は解決できないことばっかりだ。せめて自分の周りの4割ぐらいの問題が解決してくれたら良いのに。

しかし解決せずそのまま誰かと想いを共有できるだけで幸せかもしれないと思った、永福町のピザ屋であった。

Freitag 渋谷店

日常

土日とずっと休む間もなく夜まで会議だった。

外気は結構すでに暖かくなってきて段々と春になってきている(気がする)。とともに鼻がむず痒くもなってきた。花粉症の季節になってゆくんだ。寒いのも嫌だが、花粉もかなり気が重い。脱感作治療を受けたいが時間がない。

とかボンヤリと考えながら、日曜日夕方の山手線に乗り込んでいた。周囲の乗客はまばらでいつもより家族連れが多い。穏やかな車内だった。

ふと電車の中で思い立って前から行きたかった渋谷の「Freitag」に行った。少し小雨が降っていたが週末が会議だけで終わるのはもったいない。幾ら会議が自分にとって勉強になったとしてもだ。

お店は渋谷から原宿に向かう道の途中にあった。途中にJournal standard の家具店もあり立ち寄った。自宅のダイニングテーブルが壊れており、買い換えを検討中なのだ。

初めてのFreitagのお店。店内は清潔かつセンスが良かった。個人的にこのお店のBackpackが欲しかったのだがそれは我慢。代わりにケーブルなどを収納する小物入れを購入。写真は包装紙。

包装紙にもこだわりがあって色々と会計の時に説明してくれた。普通、こういった説明はウザったく感じるものだけど、店員さんの商品に対する愛情が暖かく伝わってきて気持ち良くきくことができた。

たった数十分の行程だったがそれだけで気分転換になった。